女性の天敵、脂肪。
女性の場合、子どもを産むという役目があるので、エネルギーを確保し、身体に対するダメージを減らす目的で、脂肪が貯まりやすくなっています。
自分の身体を守るため、そして、女性らしく見せるのにも一役買っている脂肪ですが、何事もほどほどが良いようで、つきすぎた脂肪は当の女性から目の敵にされることになります。

目障りな自分のこの脂肪をなんとかしたい・・と思った時、女性に取れる手段はいろいろあります。
食べる絶対量を減らして脂肪に回る分を減らす、体を動かして脂肪を燃やす、更に運動して筋肉をつけて脂肪がつきにくくする、など、元手なしでできるのはこのあたりでしょうか。

しかし、こういう方法は、毎日やらないと効果が出ないため、継続するための強い意志と、肉体的な負担が必要です。
それはちょっと無理・・と思う場合、また、多少お金がかかってもいい、という場合であれば、脂肪吸引、脂肪溶解注射といった、人為的に脂肪を減らす方法もあります。

脂肪吸引は、特殊は吸引管を使い、皮下脂肪を取り除く手術です。
脂肪細胞そのものを減らしてしまうため、リバウンドしにくく、効果も高いと言われています。

脂肪溶解注射は、脂肪を分解する酵素を注射し、脂肪を溶解させ、排出させます。メスで「切る」脂肪吸引と比較して、「切らない」脂肪吸引、と言われることもあります。
脂肪溶解注射は、メスで切らないというのもそうですが、副作用の可能性が低いということからも、体に負担が少ないダイエットであると言われています。
自力で頑張る、脂肪吸引をする、脂肪溶解注射をしてもらう、など、選択肢は様々。まずはその長所と短所をきちんと知ることが大切です。

おすすめサイト

気になるお腹は脂肪吸引をしよう!『脂肪吸引治療の受け方ガイド』
大阪で安全な脂肪吸引を受けるなら【湘南美容外科クリニック】